いずれ自分の事務所を構えたい

サポートしてくれる事務所がいい

独立の手順は知っていても、不安なことや現場に出てわからないことがあるかもしれません。 それを事務所の先輩に聞いてください。 中には独立を支援してくれる事務所も存在します。 そこなら、安心して独立できるのでおすすめです。 事務所の情報も入手しましょう。

準備が整ってから実行

資金と知識の準備ができたら、オフィスを用意しましょう。 最近賃貸オフィスではなく、レンタルオフィスを借りる人が増えています。 レンタルオフィスなら、賃貸よりも安い料金で借りられます。 費用を抑えながら、税理士としてスタートできるのでおすすめです。

どのような流れになるのか

頑張って勉強して試験に合格しても、すぐに事務所を開設できません。 そのためには資金と知識が必要なので、事務所に所属して働く必要があります。 事務所を開設するためには、その両方が必要だと思ってください。 どちらか片方だけある状態では足りないので、事務所を開設しても失敗します。

雇ってくれる事務所を見つけよう

税理士の資格を入手したら、まず事務所を見つけてください。
いきなり事務所を開設することは難しいので、どこかの事務所でお手伝いをします。
そこで経験を重ねながら、資金を蓄えましょう。
独立するためには高額な資金が必要ですし、どんな依頼にも対応できるよう知識を習得しなければいけません。
焦って独立しても、経験を持っていないと対応できない依頼がたくさんあります。
すると依頼人から不信感を抱かれるので、すぐに経営が続かなくなるでしょう。

独立をサポートしてくれる事務所が良いですね。
依頼人を紹介してくれたり、資金を援助してくれる事務所があるので、できればそのようなところに就職してください。
その時に、先輩税理士から独立のコツや仕事をスムーズに済ませるコツを聞きましょう。
独立を目指しているならたくさんの情報を調べていると思いますが、本やネットで見た情報よりも、先輩から聞いたリアルな情報の方が信頼できます。
情報が偏らないように、たくさんの人に聞きましょう。

資金が貯まって経験も積んだら、いよいよ独立できます。
開いている賃貸を借りたり、レンタルオフィスを使うと良いですね。
特に最近は、レンタルオフィスを事務所代わりにする税理士が増えています。
場所によっては椅子や机などの家具、電話やインターネットの環境が揃っているので費用を削減しながら事務所を開設できます。
依頼人がたくさん来るように、宣伝することも忘れないでください。